【22/23卒】今から始める就活

就活を始める準備

こんにちは、しばもん です。

この記事を読むメリット

1:大学1、2年で就活に向けてできることがわかる。

2:ものの考え方を変える。思考が変わる。


3:ツイッターの使い方

私自身、「就活無双」できたのは、大学1・2年生の時間を大事に過ごしていたためだと思います。
そこで、今回は大学1・2年生の皆さんに向けて今からできることを記事にしました。
共感できる点があればぜひ実践してみてください。

「選ぶ力と捨てる勇気」~日々論理的に思考して行動する

まず、大学4年間で体得すべき技能は色々あるでしょうが、個人的に一番皆さんに身につけてほしいのは「選ぶ力と捨てる勇気」です。

今の自分には何が必要なのかを判断できる材料を集めて検討し、総合的に評価を下し、何をやり、何をやらないのか範囲を決めることが大事です。

時間と能力は有限だから、重要なものから手に入れましょう。

私は、大学1~2年生の学生さんからOB訪問を受けた際は、日頃から「下記の思考プロセスを意識して、大事にしてください。」と伝えています。

<思考プロセス>

目標設定

現状把握

問題明確化

原因特定

解決策立案

実行

効果検証

この思考プロセスで大学4年間送れるとだいぶ”思考力”が身に付きます

繰り返しになりますが、
私自身の経験で言えば、就活自体も頑張りましたが、何より就活以上に大学1〜2年を全力で頑張りました。

日々、目標を設定し、現状を把握し、目標と現状の乖離を逆算し、その原因を特定し、それを埋める対策と計画を綿密に立て、根気強く一つずつ取り組み、得られた結果の効果検証を行い、ツイートで言語化していました

例えば‥

「短期・長期目標の設定」
「直面してる問題」
「原因(なぜそれが起きてるか)」
「どうやったら解決できるか」
「取り組みはうまくいったか」
「目標はどれくらい達成したか」
「あと残り何をしなければいけないか」 など

すると、大学1、2年の時に呟いたこれらのツイートを、就活の時に一気に見直せることができるのです

就活には自己分析という分析をするタイミングが必ず訪れます。
そのために”備えとく”
ということです。

 

日々論理的に考えて行動するよう意識し(勿論最初からすぐにはできませんでしたよ)、それを言語化して蓄積しておいたので、就活時に自己分析やES執筆以上に企業研究、SPI勉強、GD対策、面接準備に時間を割けました。

やりたいことを全力でやる!

私自身の体験で言えば、大学1・2年次は、興味のあること、勉強したいこと、行ってみたい場所、ひとつずつ潰していきました。悔いのない大学生活を送りたかったのだと思います。

その際、ただやりたいことをやるだけではなく、必ず論理的に考えて行動するよう意識し、効果検証をツイートで言語化していました。

一方、大学1・2年は就活を気にせず全力で遊ぶのも良いと思います。それも皆さんの今後の人生において大切な糧になるからです。

ただし、「全力」ですよ?
中途半端なことは就活でES(エントリーシート)を書く際になんの材料にもならないです。
実際、「中途半端」にやってしまっている学生さんが多く、

ESが書けない!
何書いて良いかわからない!
自分のESに自信がもてない!


と迷走してしまいがちです。

そもそも何を書いて良いかわかない!
という人はまずこちらも読んでみて
ください。

ESや面接を通して伝えるべきコト

 

是非!今しかできない勉強・部活・サークル・バイト・恋愛・留学に全力で取り組んでほしいですね。
今から就活のことを心配してもしょうがないし、とにかく今しかできない遊びや恋愛やかけがえのない青春の日々に全力を注ぎ、悔いなく今を生きましょう。

あのとき遊んでおけばよかったと私は少し後悔しています(笑)

1・2年生のときにしかできないことがたくさんあります。それに全力投球しましょう。その経験が就活生になったときのあなたと、将来仕事がしんどくなったときのあなたを支えてくれます。可能なら今から就活資金の貯金をしましょう。

もし余力があれば、何かに全力で取り組みつつ、少しでも良いので、Twitterで就活アカウントを作ってたまに開き、就活生が今どう動いているのか、情報収集だけは今から始めておきましょう。

今から就活の準備を

私もそうでしたが、心配性な方は今から準備を進めておくのが良いと思います。

進研ゼミの無料漫画でも、同じクラスのアイツが急にテストの点数よくなったのは、人知れず進研ゼミを始め、「あ!これ進研ゼミでやったところだ!」という無双状態になっているからです。

昔から人より足も遅く要領も悪かったしばもん。
子供の時からそれを自覚し、人より早く準備を始めていました。

受験勉強も人より早く始めました。
足が遅いってわかっているから早くスタートを切らないといけないですよね。

大学入学後すぐに就活を意識して大学生活に臨みました。牛は虎や馬より早く出発したから元旦に間に合って十二支の2番目をゲットしたわけです。
受験勉強も高3から始めて間に合う賢い子に勝つには高1から勉強しなければいけませんよね。不安な方は早めに始めておくに越したことはないです。

留学予定の大学1・2年の方は就活の心配をなくすためには、1秒たりとも無駄にせず全力で留学と向き合うことが大事だと思います。

異国の地では驚きと気付きの連続です。その瑞々しい感情を常に書き留め(ツイートし)、留学で得られた力を言語化しておくことが最大の「留学」中にできる最大の「就活」だと思います。

やりたいことを見つけるために

一生かけてやり遂げられそうなものを見つけるために、全力でいろんなことに挑戦しましょう。私は大学時代に色々なことにチャレンジした結果、その過程で一生やり続けられそうと思える仕事があることを知りました
(ES添削は本業ではないです)

やりたいことが見つからないなら、今から少しずつ貯金と就活(自己分析・就活サイトを見る・就活生や内定者の先輩の話を聞く)を始めましょう。
就活生になるとみんな必ず
「貯金しておけばよかった!」
「もっと早くから始めておけばよかった!」と言います。

いかがでしたでしょうか。大学1・2年生の皆さんに伝えたいメッセージでした。

もし共感できることがあれば、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました